【決定版】ワードプレス有料テーマ比較!ブログ初心者におすすめの使いやすくデザインのよいWPテーマ9選

【決定版】ワードプレス有料テーマ比較!ブログ初心者におすすめの使いやすくデザインのよいWPテーマ9選 WordPressテーマ
記事のポイントデザインがよくSEOにも強い有料ワードプレステンプレートで「サクッ」とサイトを構築しよう。

ワードプレスでサイトを作成している方は、テーマ選びに一度は悩んだことがあるはず。

ネットでおすすめのテーマを検索しようとしても、無料テーマも多く情報が多すぎて迷う方も多いはずです。

先にお伝えすると、無料テーマをカスタマイズするよりも有料テーマを導入したほうがはるかに簡単にセンスのいいサイトが出来上がります。

手間を考えたら明らかに有料テーマを導入するべきです。

今回は、そんなワードプレスのテーマに悩んでいる人必見!

おすすめテーマを9つご紹介していきます。

テーマ選びはこれからどんなサイトを作っていきたいのかによっても変わってきますが、色々なテーマを知り比較し自分にあったテーマに巡り合うことはサイト運営の効率化や収益にも直結します。

ブラキャリ
ぜひ記事内容を参考に、自分に合ったワードプレスのテーマを選んでみてください

【総合評価】ワードプレスの有料テーマで一番おすすめは?

カスタマイズと高速性を考えたら「ザ・トール」がベスト!また、これさえ買えば間違い無しの有料ワードプレステーマ3つは以下の通り!

ベストWPテーマNo.1:THE・THOR (ザ・トール)

使いやすさおすすめ第一位はTHE・THOR (ザ・トール)に決定!

テーマを入れて簡単な設定をするだけで、すぐに使えるかっこいいデザインのサイトが即完成!DEMOのインポートができるので設定無しであっという間に最強デザインのサイトが作れます。

SEO対策もばっちりのベスト有料ワードプレステーマです。

おすすめ有料WPテーマ①多彩な機能で品のあるデザインが魅力の「THE THOR」
  • 多機能だけど使いやすい
  • 表示速度も◎SEO対策ばっちり!


公式
機能・デザイン確認はこちら

リンク先:https://fit-theme.com/the-thor/

「無料・無期限・無制限」安心サポート付!

ベストWPテーマNo.2:AFFINGER WING(アフィンガーウイング)

使いやすさおすすめ第二位はTAFFINGER WING(アフィンガーウイング) に決定!

デザイン済のデータを読み込めば設定不要で、プロ並みのサイトデザインが完成します。

ブロガーやアリフィリエーターに定評のある「間違いなし」のテーマ。

おすすめ有料テーマ②使いやすさと優れた機能を持っている「AFFINGER5(WING ウイング)」
  • デザイン済データあり!
  • 多くのユーザーに支持されている!


公式
機能・デザイン確認はこちら

リンク先:https://affinger.com/

ブログ以外にも使える万能テンプレート!

ベストWPテーマNo.3:DIVER (ダイバー)

多機能かつTOPページ作り込みや、大規模サイトにもオススメなのがダイバー。

ユーザーの希望を反映した細かなバージョンアップがあり、常に進化し続ける有料テーマです。

動くマーカーなどリッチな装飾も多数用意されています。

サイト運営者の実績に基づくノウハウがすべて詰まった本気のテーマとなっています。

おすすめ有料テーマ③より多彩なデザインを自由に楽しみたいなら「DIVER」
  • 本気の開発体制
  • 常に進化しつづけるテーマ!


公式
機能・デザイン確認はこちら

リンク先:https://tan-taka.com/diver/

「永久バージョンアップ」でいつまでも使える!

有料ワードプレステーマのスペック比較表

まずはおすすめのワードプレスのテーマを表にしたのでぜひご覧ください!

分かりやすいように、デザインや料金も比較できるようにしました。

金額 デザイン 操作性 SEO 表示速度 更新通知 記事の装飾 AMP 複数のサイト
THE THOR 15,984円
AFFINGER5(WING) 14,800円
DIVER 17,980円
Emanon-Pro 9,800円 × ×
TCD Be 17,777円 ×
賢威 24,800円 ×
ALBATROS 7,980円 × ×
SANGO 10,800円 ×
STORK 11,000円 × ×

おすすめのワードプレスのテーマを表にするとこのようになります。

ご紹介したテーマはすべて日本語に対応、初心者でも使いやすいのが特徴!

ちなみに表の中にある「表示速度」は、テーマ別に記事を数記事投稿して、それがトップページに表示される速さを調べたものです。こちらは時間帯によっても変動することもあるので、あくまで参考程度に捉えてください。

表でご紹介した通り、金額が安いテーマやデザイン性に優れているテーマ、初心者でも簡単に操作できるテーマなど、様々です。

テーマを選ぶ前に、自分がワードプレスを利用するに当たって、重視したいポイントをあらかじめ確認しておくようにしましょう♪

ホームページ・ブログ型におすすめのワードプレス有料テーマ

ホームページ・ブログ型におすすめのワードプレス有料テーマ
ブラキャリ
ワードプレスで自分や会社のホームページを作成したいなら、今からご紹介する4つのテーマがおすすめ!

こちらは、ブログだけでなく、ホームページなどにも活用可能なリッチなデザインを要しています!

細かい設定もできて使い勝手も抜群です。

おすすめ有料テーマ①多彩な機能で品のあるデザインが魅力の「THE THOR(ザ・トール) 」

おすすめ有料WPテーマ①多彩な機能で品のあるデザインが魅力の「THE THOR」
金額 デザイン 操作性 SEO 表示速度 更新通知 記事の装飾 AMP 複数のサイト
THE THOR 15,984円
  • 総合評価
    いまいち
    1
    2
    3
    4
    5
    おすすめ

「THE THOR」を提供している会社は千葉県印西市にあるフィット株式会社です。

フィット株式会社は、同じくワードプレスの無料テーマである「LION」シリーズも提供していることで有名♪「THE THOR」は2018年10月からリリースされました。

「THE THOR」の特徴は、何といっても品のあるデザイン。

そのため「デザイン重視でテーマを探している」という方には「THE THOR」がおすすめです。

「THE THOR」はデザインだけではなく、多彩な機能も付いています。

機能が多すぎて戸惑うこともあるかと思いますが、分からないことでも調べればすぐに解決できることが多いので、ワードプレスを初めて使う方でも安心!

記事装飾機能は、他のテーマ以上にハイセンスなものが多く、読者の目を惹きつけることもできそうです。サイトだけではなくブログとしても十分活用できるテーマなので、「規模が大きいメディアを運営したい」という方にもおすすめです♪

さらに「THE THOR」はAMPだけではなくPWAにも対応!

インストール後PWAにしたいなら、プラグインを使用せず安全に行うことができます。

おすすめ有料テーマ②使いやすさと優れた機能を持っている「AFFINGER5(WING ウイング)」

おすすめ有料テーマ②使いやすさと優れた機能を持っている「AFFINGER5(WING ウイング)」
金額 デザイン 操作性 SEO 表示速度 更新通知 記事の装飾 AMP 複数のサイト
AFFINGER5(WING) 14,800円

「AFFINGER5(WING)」を提供している会社は、愛知県名古屋市にある株式会社オンスピードです。

「AFFINGER5(WING)」はAFFINGER4の後、2018年3月にリリースされたテーマ。

ホームページはもちろん、ブログやオウンドメディアまで作ることが可能で、SEO対策もできるので、アフィリエイトをしたい方にもおすすめです。

AFFINGER4のメリットはそのまま維持し、よりデザインを自由にできるよう操作性を高めています。初めてワードプレスを触る方でも、バランスの良いデザインが簡単に作れます。

記事の設定項目も自由に選べるので、「使いやすい」とアフィリエイターからも大人気!

バージョンアップも定期的にされてテーマが改良されているので、テーマを常に新しい状態で利用できます。

バージョンアップの際はこちらで面倒な操作をする必要もないため、執筆に集中できます。

ウィジェットが置ける箇所が28箇所もあり、パソコンとスマホの表示を変えられる設定も可能。

コンテンツのレイアウトも自由なので、イメージ通りにサイトやブログが作れます。

収益化に繋がる仕組みも作りやすく、目を引くデザインをはじめSEOにも強いので、迷ったら「AFFINGER5(WING)」を選択して損はないはずです。

おすすめ有料テーマ③より多彩なデザインを自由に楽しみたいなら「DIVER」

おすすめ有料テーマ③より多彩なデザインを自由に楽しみたいなら「DIVER」
金額 デザイン 操作性 SEO 表示速度 更新通知 記事の装飾 AMP 複数のサイト
DIVER 17,980円

「DIVER」の魅力は、付いている機能が多彩なこと。

表でご紹介しているテーマの中でも、自由度はかなり高くなっています。

そのため、ブログはもちろん、大きなWebメディアも作成可能♪

SEOに繋がる設定もあり、それもユーザー次第で自由に設定できます。

使いこなすことができれば、自由に好みのカスタマイズができますが、設定箇所が多いので初心者ですべての機能を扱うのは、他のテーマ以上に難しいといえるでしょう。

初めてワードプレスに挑戦するなら、別のテーマから試してみて、慣れてきたらこちらに挑戦した方が無難かもしれません。

収益化に繋がる機能も多いので、使いこなすことができれば、アフィリエイトやオウンドメディアにかなり活用できます!

おすすめ有料テーマ④サービス内容を分かりやすく伝えたいなら「Emanon-Pro」

おすすめ有料テーマ④サービス内容を分かりやすく伝えたいなら「Emanon-Pro」
金額 デザイン 操作性 SEO 表示速度 更新通知 記事の装飾 AMP 複数のサイト
Emanon-Pro 9,800円 × ×

リーズナブルな価格なのに、ページの表示速度が速く、スムーズに情報を展開してくれるレベルの高いテーマ。

他のテーマと比べると、まだそれほど認知されていませんが、ライティングページやCTAの機能が豊富なので、やり方次第で読者へのアプローチにも繋げられます。

コンサルティング系や弁護士、税理士の事務所のホームページにも適したシンプルなデザインで、あまり派手じゃない方が良い方にもおすすめです。

難しい設定も特にないので、ワードプレスに慣れていない方でも比較的扱いやすいのも魅力。WordPress5.0から導入されたブロックエディタ対応の、有料のプラグインも販売されているので、気になる方はそちらもチェックしてみてください。

おすすめ有料テーマ⑤アフィリエイトで稼ぎたい初心者の方におすすめテーマ「賢威(けんい)」

おすすめ有料テーマ⑤アフィリエイトで稼ぎたい初心者の方におすすめテーマ「賢威(けんい)」
金額 デザイン 操作性 SEO 表示速度 更新通知 記事の装飾 AMP 複数のサイト
賢威 24,800円 ×

アフィリエイトをされている方なら聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

「賢威」はウェブライダーという会社の松尾さんが作ったテーマで、SEOが強いことでも有名です。

今回ご紹介する「賢威」は、「賢威8β」で、従来の賢威と比べるとデザイン性に特に優れています。

SEOにも強いので、アフィリエイトをしている方にも人気があります。

設定場所も見つけやすいので、初心者でも使い勝手よく活用することが可能!アップデートも無料でしてくれます。

「賢威」にはSEOのマニュアルも付いてくるので、SEOの勉強もしながらサイトを作ることができます。表でご紹介しているテーマの中でも「賢威」の料金は高めですが、しっかり収益に繋がるサイトを作りたいという方は、利用してみて損はなさそうです。

アフィリエイトで稼いでいる人の中でも「賢威」をずっと愛用している方は多く、信用度の高さが伺えます。完全に使いこなすには、テーマ内部の設定を知っていく必要がありますが、身に付ければかなりの武器となるはずです!

ブログ中心のサイトに!おすすめのワードプレス有料テーマ

次に、「サイト内では主にブログを中心に発信していきたい」という方にピッタリのワードプレステーマを5つご紹介します。

おすすめ有料テーマ⑥アフィリエイトやウェブマガジンのデザインなら「SANGO」

おすすめ有料テーマ⑥アフィリエイトやウェブマガジンのデザインなら「SANGO」
金額 デザイン 操作性 SEO 表示速度 更新通知 記事の装飾 AMP 複数のサイト
SANGO 10,800円 ×

カスタマイズ情報を多数提供している「サルワカ」の運営者が開発している「SANGO」!

「SANGO」の特徴はGoogleが推奨しているマテリアルデザインを用いていること。

そのため、読者の視点で見ても非常に読みやすく、操作しやすいデザインとなっています。

「SANGO」はCSSの知識がなくても、見出しなどのボタンのデザインが充実しているので安心!

ブログを発信するのも良いですし、書いた記事を整理して表示できる機能もあるので、アフィリエイトやウェブマガジンで情報を発信したいという方にもおすすめです。

「SANGO」は初心者でも扱いやすいのも魅力で、公式サイトではカスタマイズ方法なども紹介されているので、気にある方はそちらも合わせてチェックしてみてはいかがでしょうか?

おすすめ有料テーマ⑦センスで読者の目を惹きたいなら「TCD Be」

おすすめ有料テーマ⑦センスで読者の目を惹きたいなら「TCD Be」
金額 デザイン 操作性 SEO 表示速度 更新通知 記事の装飾 AMP 複数のサイト
TCD Be 17,777円 ×

デザイン性に特化した有料テーマ♪

開発をしているTCDは、「TCD Be」以外にも優れたデザインのテーマを多く提供しています。

「TCD Be」は割と新しく作られたテーマで、動くラインマーカーやふきだしなど、読者が読みやすく感じられるデザインが付いています。

「TCD Be」の良いところはデザイン性が高く操作性が良いこと。

初心者の方でも戸惑うことなくセンスの良いブログやサイトを構築することができます。

以前までのTCDシリーズは表示速度の遅さが課題でしたが、現在は高速化設定機能も付いていて、表示速度も改善されています。

ブログを装飾できる機能が豊富なので、ビジネス系のホームページに活用するのは難しい面もありますが、アフィリエイトやブログを中心に情報を発信している方にはかなりおすすめです!

おすすめ有料テーマ⑧読者を惹きつけるデザインが魅力な「ALBATROS(アルバトロス)」

おすすめ有料テーマ⑧読者を惹きつけるデザインが魅力な「ALBATROS(アルバトロス)」
金額 デザイン 操作性 SEO 表示速度 更新通知 記事の装飾 AMP 複数のサイト
ALBATROS 7,980円 × ×

「ALBATROS」はひとつのサイトのみに使用できるテーマなので、複数のサイトを運営したいという方向きではありません。ですが、機能面に優れていて、使い勝手も良く人気が高いです。

デザインも読みやすく、読者からも信頼されやすいタイプだといえるでしょう。

「ALBATROS」はデザインが好きで購入する人もいるくらい、綺麗で読みやすいデザインとなっているので、気に入った方はこちらを選んでサイトを構築していくのもおすすめです!

おすすめ有料テーマ⑨読みやすさに定評があるブログデザインの「STORK(ストーク)」

おすすめ有料テーマ⑨読みやすさに定評があるブログデザインの「STORK(ストーク)」
金額 デザイン 操作性 SEO 表示速度 更新通知 記事の装飾 AMP 複数のサイト
STORK 11,000円 × ×

「ALBATROS」と同じ「OPENCAGE」が開発!有名なブログマーケッターが監修していて、洗練されたデザインが特徴です。

デザイン性に優れていますが、複数のサイトで使用することはできないので、「ALBATROS」と同様アフィリエイトなどでブログを複数運営したい方にはあまりおすすめできません。

こちらのテーマは、「ひとつのサイトに特化して情報を発信していきたい」という方に向いています。

コンテンツのレイアウトも他のテーマと比較すると劣るのと、SEO関連の設定も少ないため、ブログを中心にメディア運営をしたい方向けのテーマだといえるでしょう。

広告用のウィジェットは多いので、アドセンス広告で収益を得たい方には特におすすめ!

設定は簡単ですが、初期状態では文字装飾のショートコードをエディタできないため、ショートコードを登録できる方法は知っておいた方が操作しやすくなります。

ワードプレスの有料テーマを活用するメリットとは?

ワードプレスの有料テーマを活用するメリットとは?
ここまでワードプレスのおすすめの有料テーマをご紹介してきましたが、有料のテーマを選択することで、どんなメリットがあるのでしょうか?

有料テーマはデザイン性や操作性に優れているので、自分で自由にカスタマイズしたい方や、カスタマイズに時間を掛けたくない方、読者の目を惹きつけてアフィリエイトで収入を得たい方にはおすすめです!

ここからは、ワードプレスのメリットをもっと詳しくご紹介していきます!

センスの良いデザインがそのまま利用できる

センスの良いデザインがそのまま利用できる
ワードプレスには無料テーマもありますが、無料タイプは自分でデザインをカスタマイズするケースが多いです。もちろん、中にはデザインをカスタマイズできるものもありますが、「サイト内をデザインしたい」と思ったら、HTMLやCSSを知っていないと対応できないこともあります。

ワードプレスの有料テーマは、見出しの色や背景色、サムネイルの画像やサイズ、形といった細かい部分が簡単に変更できるようになっていて、操作性も抜群!

初心者でも扱いやすいだけではなく、プロが作ったデザインを利用することができますよ。

有料テーマを使用すれば、サイトやブログのレベルが一気に上がります。

読みやすくてオシャレという、全体的にクオリティの高いサイトを運営できるので、読者も次第に増えていくはず。

カスタマイズに時間を掛けなくても良い分、記事の作成や写真の選定にゆっくり時間をかけることができます。

プラグインを減らせて、表示速度改善につながる

プラグインを減らせて、表示速度改善につながる
ワードプレスは、プラグインという機能も追加できる仕様になっています。

ですが、プラグインを多く入れると表示速度が遅くなってしまいがち。

またテーマとの相性が良くないと、しっかり作動しないこともあります。

一方で有料テーマはプラグイン機能が元々組み込まれているものも多く、操作性、表示速度も問題ありません。

「人気記事一覧」や「SEO対策」などはあらかじめ含まれているので、その辺りを抑えておきたいという方にも、有料テーマはおすすめです。

ワードプレスの有料テーマを使うだけでSEO対策になる

ワードプレスの有料テーマを使うだけでSEO対策になるワードプレスの有料テーマを紹介するサイトなどでは、「SEOに強いのはこのテーマ!」と銘打って紹介されていることもありますが、どのテーマを選んでもSEOが強くなるということではありません。

有料テーマは、SEO対策がされているテーマということで、Googleなどにコンテンツ情報を正しく伝えられるテーマでサイトを構築しているということです。

有料テーマはGoogleの検索ロボットにも、サイト内のコンテンツ内容を正しく伝えてくれるため、ブログやサイトの構築をしっかり行うことによって収益化も可能となります。

ワードプレスの有料テーマを使う上でデメリットはある?

ワードプレスの有料テーマを使う上でデメリットはある?
ここまでワードプレスのメリットについてご紹介していましたが、有料テーマを使うことでデメリットはあるのでしょうか?

ワードプレスの有料テーマのデメリットについても、詳しくご紹介していきます!

利用するにはお金がかかる

表の金額でもご紹介した通り、ワードプレスで有料のテーマを使用する場合は、料金が発生します。

料金の相場は5,000円~30,000円ほど。ただ、ひとつのブログにテーマを利用するのではなく、複数のブログで利用したり、収益化して長期間利用するなら、料金の元を取ることも十分可能です。

ワードプレスの有料テーマの中には、1つのライセンスで1つのブログにしか使用できないケースもありますが、中には複数のブログで使用できるものもあります。

もし、「サイトをこれから複数持ちたい」と思っている方は、複数のブログで使えるテーマを選択するのがおすすめです。

サポート体制がテーマにより異なる

ワードプレスは利用者の自由度を反映できる反面、有料テーマでもできる範囲は限られています。もちろん、操作性には優れていますが、自分の判断でサイトやブログをカスタマイズしなくてはなりません。

初心者で操作が心配…、という方は、あらかじめサポート体制がしっかりしている有料テーマを選ぶのがおすすめです!もちろん、テーマによっては詳しくカスタマイズの説明がされているものもあります。

一般的なフォローはほとんどの有料テーマがしているので、その点はご安心ください。

今回ご紹介したワードプレスのテーマで、サポート体制が充実しているのは、「DIVER」と「SANGO」、「賢威」の3つ。心配な方はこの中から選択してみると良いでしょう。

また、中にはネットでマニュアルが確認できる有料テーマもあります。「アフィンガー5」や「THE THOR」はネット上で詳細なマニュアルが確認できるので、初心者の方はこちらもおすすめです。

CSS等のカスタマイズの勉強が進まない

ワードプレスのサイト内をカスタマイズするのは、ある意味ひとつの楽しみです。

ですが、有料テーマは元々デザイン性に優れていて、カスタマイズも完成されているので便利な反面自分で構築していくことはできません。

サイトを作成する上でHTMLやCSSを勉強したいと思っている方は、無料テーマを利用して自分で色々カスタマイズした方が、学べることが多いと思います。

ワードプレスの有料テーマを選ぶ際に確認すべき7つの項目

ワードプレスの有料テーマを選ぶ際に確認すべき7つの項目<
ワードプレスの有料テーマを選びたいと思っても、初心者の方は何を基準に選べば良いか分からないですよね?

そんな方におすすめのワードプレステーマの選び方をご紹介していきます。

初心者の方は必見の内容ですので、これからテーマを探すという方は、ぜひ参考にしてください。

①複数のサイトやブログでも使えるかどうか確認する

①複数のサイトやブログでも使えるかどうか確認する
まず大事なのは、先述したように「複数のサイトでもテーマを使うことができるかどうか」です。

有料テーマはそれぞれ、「使用するサイト1つにつき1つのテーマを購入しなければならない」ケースと、「購入者が運営するなら複数のサイトでも活用できる」ケースの2通りあります。

もし、「今はひとつしかサイトを運営していないけど、これから複数のサイトを運営していきたい」と考えている方は、複数のサイト運営に対応できるテーマを選択した方が、断然お得です!

今後アフィリエイターとした活動をしたいという方は特に、これから複数のサイトを運営したいと思っている方も多いはず。そういった方は尚更、複数のサイトを運営できるテーマを選ぶのがおすすめです。

②サイト内の表示速度も重要!軽いテーマを選ぶ

②サイト内の表示速度も重要!軽いテーマを選ぶ
Googleの検索でより高い評価を得やすいのは、サイト内の表示速度が速いこと。

これは、Googleの「ウェブマスターセントラルブログ」でも発表されています。

そのため、より多くの読者にサイトを読んでもらいやすくするには、コンテンツを軽くしておく必要があります。

有料テーマによっては多くの機能が付いているけれど、表示速度が遅い場合もあるので、購入前にチェックしておいた方が良いでしょう。

③SEO対策をしているテーマを選択する

③SEO対策をしているテーマを選択する
SEO対策がされているテーマを選べば、検索エンジンに自分のコンテンツを正しく伝えることができます。SEO対策されている基準は、「構造化データ対応」や「HTML5対応」といったキーワードがあるかどうか。

冒頭の表でもSEO対策について評価を付けていますが、今回は、上記の2つの他に「メタディスクリプションの設定可能か」や「ページをindexさせるか」など、SEOに関する設定が多いかどうかを基準にしています。

SEOに関して具体的に明記されているテーマは信用して良いかと思いますが、ただ単純に「このテーマはSEOに強いです!」と紹介されているテーマは、ちょっと注意が必要です。

④セキュリティ対策に!更新通知があるテーマだと安心

有料テーマによっては、機能の改善や追加、不具合の修正などをしっかり行っているものもあります。

このような処置が行われるたびにテーマをアップデートしますが、以前は自分で最新のテーマをアップデートする必要があったため、ちょっと面倒でした。

現在は、テーマが更新するごとに自動で通知してくれる便利な機能が付いたテーマもあります。

アップデートもただボタンを押すだけで簡単にできるので、初心者の方でも安心。

更新を通知してくれる機能はかなり便利なので、こちらも購入前に付いているかどうかチェックしてみてください!AFFINGER5などは、ユーザーが未確認なのに更新してしまう状況を避けるために、自動更新の設定をユーザーが選べるようになっています♪

➄すぐに見やすいページがつくれるか記事の装飾機能が優れているかをチェック

有料テーマの中には「見出し」や「ボックス」、「箇条書きリスト」などがあらかじめあるテーマもあり、記事が書きやすくなっています。

そのため、デザインが苦手でも自分の理想の記事が投稿できますし、面倒な設定なども必要ない場合が多いので、記事も執筆しやすいです!

⑥テーマに関する情報が多いものを選ぶ

有料テーマは基本的にデザインなどもしっかりしていますが、「自分好みにカスタマイズしていきたい」と思う方もいるかと思います。

そんな時、人気のテーマなら操作方法をネットなどで確認できます。

人気のある有料テーマは分からない点を検索して調べることができるので安心です。

また、テーマによっては詳細なマニュアルをウェブ上で公開していたり、ユーザーが利用できるフォーラムが用意されていることもあるので、操作が不安な方はそのようなサポートが利用できるテーマを選択してみてください。

特にカスタマイズに慣れていない初心者の方は、初めての操作で起こったトラブルの解決に役立つでしょう。

「ぜひ利用したい」という方は、カスタマイズ記事が公開されている「SANGO」や、ユーザー専門のフォーラムがある「AFFINGER5」と「THE THOR」を利用するのがおすすめです。

⑦スマホの見やすさを重視!レスポンシブの対応は必須!

現在ワードプレスで提供されている有料テーマのほとんどはレスポンシブに対応していますが、こちらも念のためチェックしておきましょう!

近年、インターネットを見る人の多くがスマホを利用していることもあり、Googleは「モバイルフレンドリーなサイト」であるかどうかを重視しています。

モバイルフレンドリーの基準は、Googleの「ウェブマスター向け公式ブログ」でも紹介されているので、そちらもぜひ確認してみてください。

また、「モバイルフレンドリーテスト」で自分のサイトのURLを入力するとモバイルフレンドリーに認定されているかどうか簡単に確認できます。

ワードプレスの有料テーマはメリットがとにかく多い!

ワードプレスは無料テーマでももちろんできますが、より見やすくてサイトを短時間で作ることを考えると、有料テーマを選択した方がメリットは多いです。

読者に読んでもらうためには、ブログのデザインはとても大切。

読みやすさや操作性を重視するなら、有料テーマを利用するのがおすすめですよ!

表でご紹介した有料テーマは、どれも10,000円~20,000円ほどの金額ですが、初心者でカスタマイズを一から行うなら、この金額は決して高くありません。

テーマによってはブログなどの記事構成に適したものや、デザインがシンプルなものなど、それぞれ良い点が異なります。

そのため、テーマを選ぶ時は、自分がこれから「どんなサイトを作っていきたいのか」をしっかりイメージして、そのイメージに沿った内容が提供しているテーマを選ぶことが大切。

もちろん、自分の好みも大切です。

自分が操作をしやすかったり、客観的にサイトを見てみて、「あ、このサイト素敵だな」と思えかどうかも意識してみましょう。

記事内容を参考に、自分に合ったワードプレスのテーマを探してみてください。