【長期インターン志望者必見!】絶対通過する志望動機の書き方を徹底解説

長期インターン

どうも、まっ太です!

さて、今回も長期インターンに関して役立つ情報をお届けします。

この記事で少しでも疑問や悩みを解決して、長期インターンを始める人が増えてくれればいいなと思っています。

今回は、長期インターンの志望動機についてです。

長期インターンの面接でも、事前に提出した志望動機を元に話しを進めていくことが多いです。

そもそも志望動機を元に、面接をする前に落とされることもしばしば。

長期インターンを始めたいのに、志望動機で落とされるのも嫌ですし、自分が長期インターンをしたいと思っているところには絶対に合格したいですよね。

ここでは、なぜそんな志望動機が重要なのかということから、合格する人の志望動機の書き方について触れて行きます。

この記事を読めば、絶対に合格する志望動機を文面に落とし込むことができるでしょう!

そもそも、なぜ志望動機は重要なのか

長期インターンだけでなく、就活やバイトでも当たり前のように志望動機は聞かれます。

なぜ、志望動機を聞かれるのか考えたことはありますか?

就活においての志望動機は、

『なぜこの子はうちの会社に入りたいのか』

『うちの会社と合うのか』

と言ったことを見ていく目的があります。

では、長期インターンにおける志望動機はどんな目的があってなぜ重要なのでしょうか?

長期インターンにおける志望動機は、就活と同様のことも見られながら、

『その子が、長期インターンをする上でやりたいことやゴールを定められているか』

を見ています。

やはり就活と違い、長期インターンは自由にやめられます。

なので、その子自身が目指すものを持っていないと、中途半端なところでやめてしまったりして、最後まで頑張れないんですよね。

また、長期的に見れば、長期インターンから自社採用をしたいという企業も多いです。

その観点からも、その子が頑張れるか否かを判断する材料として志望動機は重要なのです。

では、そんな志望動機ですが、何をどうやって書けば良いのかわからないですよね。

そこで、合格する志望動機の書き方と例を紹介します!

志望動機の書き方と例

一般的な志望動機は3つの要素で構成されています。

それぞれ見て行きましょう!

合格する志望動機の要素①長期インターンとして働きたい理由を明確にする

「長期インターンをなぜやろうと思ったのか?」

「なぜ長期インターンとして働きたいのか?」

「長期インターンとして、何を求めていて、期待しているのか?」

上記のように、長期インターン自体をなぜやりたいのかという目的と理由を明確にした上で、

長期インターンでどんな自分を実現したいのかを明確にしましょう。

例えば、

「長期インターンに参加して身につけたスキルで、今のうちから同期と差をつけたい」

「今のうちから社会を見ておくことで、就活の失敗を避けたい」

「自分には将来的に何もやりたいことがないから、長期インターンを通して見つけたい」

などなど、長期インターンをやる目的と実現したい自分を考えてみましょう。

合格する志望動機の要素②その会社に即した志望理由を書く

その次に考えるべきは、どの会社だったら、長期インターンで達成したいことや、なりたい自分を実現させることができるのかです。

まずは、①で自分が考えたことを実現できると思う企業を探しましょう。

そこで、必ず実行しなければいけないのが、募集ページやHPから情報を得るということです。

・仕事内容

・事業内容

・身に付くスキルと知識

上記は最低でも見ておきましょう!

できれば、そこのインターン生の体験談があれば見ておくとイメージが湧きやすいかもしれません。

そして、そこを見た時に①で考えたことが実現できそうと感じたのなら、その理由を書き出してみましょう。

そうすれば、①にもつながる筋の通った理由になりますし、企業側もしっかりと調べた上でうちを選択しているのだと思えるので、好印象です!

例えば、

・「長期インターンに参加して身につけたスキルで、今のうちから同期と差をつけたいので、御社のように結果を残せばインターン生でも裁量ある仕事を任せてもらえる環境を求めていた。」

・「今のうちから社会を見ておくことで、就活の失敗を避けたい。御社は自分が今行きたいと思っている業界なので、実務をこなすことで働くイメージをつけたい。」

・「自分には将来的に何もやりたいことがないから、長期インターンを通して見つけたい。そこで、御社のHPやブログで拝見したところ、自分と同じような境遇から這い上がっている方々が多くいて、そんな自分のロールモデルとなるような方々と一緒に働いてみたいと思いました。」

さて、志望動機を構成する最後の一つを見て行きましょう。

合格する志望動機の要素③その企業の求めている人物であることをアピール

②でも、企業HPや募集を見ることが重要だとお伝えしましたが、そこから、どんな人が求められているのかを探って見ましょう。

ただ、その人物像に無理やり合わせるために嘘の自分を書いてしまうと、後々気づかれる可能性の方が高いのでオススメしません。

その企業のHP等に書いていなくとも、自分という人間や、過去の体験から、どのように企業に貢献できるのかを考えるようにしましょう!

例えば、

「私は、サッカーを幼稚園から高3まで続けていました。受験勉強があっても途中でやめることなく、両立してやりきることができた体験を活かすことができると思います。」

「私は、兄弟が多く長男であることや、部長の経験などから、今まで人の先頭に立つことが多く、チームでやり遂げることが好きなので、仕事でもこの経験を活かして、もっと高度なことにチャレンジしたいです。」

加えて、できれば過去の体験や自分の人間性位について書くときには、ユニークさがあればさらに良いです!

それだけで覚えてもらえることもありますし、インパクトは大きいです。

例えば、

「合計5々国でフルマラソンを走破した経験から、継続して練習をつ続けることや、マラソンの途中で何度諦めそうになってもくじけない根性を身につけました。」

ぜひ、上記を参考に最高の志望動機を考えて見てください!

長期インターンを探せるおすすめサイト:BEST3

 総合評価グローバル求人スカウト地方掲載相談対応採用祝い金
1位:キャリアバイト4.8 out of 5 stars 4.8×
2位:wantedly4.5 out of 5 stars 4.5××
3位:infra4 out of 5 stars 4.0

1位:キャリアバイト

運営会社 株式会社アイタンクジャパン
総合評価 4.8 out of 5 stars 4.8
求人数 約 1000件(ブラキャリ調べ)
グローバル求人
地方求人
採用祝い金 ✖︎
料金 無料

質の良い求人が多い

長期インターン求人サービスとして、他の媒体よりも早く参入したこともあり、求人数も多く、たくさんの企業をみることが可能です。

スカウトを多くもらえる(企業の動きが活発)

企業数も多く、長期インターン採用に力を入れているところも多いので、スカウトをもらいやすいです。

うまくいけば面接から内定までスムーズに行く可能性も高いので、長期インターン先を早く見つけることができます。

長期インターンの体験談をみることができる

実際に長期インターンをしていた学生の体験談を多くみることができます。

自分が実際に働いて、どんなスキルを獲得し、体験をすることが可能なのかをリアルにイメージすることができるでしょう。

2位:wantedly

運営会社 ウォンテッドリー株式会社
総合評価 4.5 out of 5 stars 4.5
求人数 ※不明(でも多い)
グローバルインターン
地方求人
採用祝い金 ✖︎
料金 無料

※アクティブではない企業や、同じ企業がいくつも求人を出してそれを1つにカウントしていることから、正確な計測ができず。。

企業のことを知れる

wantedlyでは、それぞれの企業がページをもち、ブログを発信することが可能。

社内イベントや社員紹介などが発信されてることもあるので、入らなければわからない社内の雰囲気とうも感じることができます。

ただ、ブログを書いていない会社もあります。

就活にも役立つ

wantedlyでは、新卒採用の求人も多くあります。

その新卒採用の求人を参考にして、実際に入りたい企業でインターンをし、そのまま内定をもらうといったこともできます。

本当に入りたい企業があれば、インターンから入るという手法がとても有効で、内定への確実性も高まるでしょう。

3位:infra

運営会社 株式会社 Traimmu
総合評価 4 out of 5 stars 4.0
求人数 約1000(ブラキャリ調べ)
グローバルインターン
地方求人
採用祝い金
料金 無料

独自の就活サービス

「Infra pro」という、長期インターンを体験した学生だけが登録できるサービスを展開しているので、今までと違った就活を体験することができるでしょう。

祝い金が出る

長期インターンへ先が見つかり次第、簡単なQ&A式の体験記を提出するだけで、5000円の祝い金をもらうことができます。

これは、後々長期インターンを探す後輩にとって参考になるものなので、とても有意義なものですね。

まとめ

いかがでしたか?

志望動機は少し面倒な部分もありますが、自分を見直す良い機会にもなるので、真剣に取り組むことをオススメします。

そうすれば、どこでも合格できる志望動機を書くことができるでしょう!

皆さんが良き長期インターン先に恵まれることを願っています。

この記事がお役に立てば幸いです。

button