長期インターンで働く期間ってどれくらい?

Long-term intern

こんにちは、まっ太です!

ここでは、長期インターンだとか留学についてなど、学生にとって有益な情報を発信していきます。ここでの記事が、みなんさんの人生にお役立ちできれば幸いです。

さて、今回は長期インターンの期間についてお話しします。

「長期インターンと言ってもどれくらい働く必要があるのか」、「周りの学生はどれくらいの期間やっているのか」、

「その期間で何を得られるのか」気になりますよね。

この記事を読めば長期インターンで働く期間について具体的にイメージが湧くようになると思うので、早速見ていきましょう。

長期インターンっていつからできるの?

本題に入る前に、そもそも長期インターンっていつからできるのか、いつから始めるべきなのかと気になっている学生も多いようですね。

結論から言うと、いつでも良いです。自分がやりたいと思ったらいつでも始めることができます。

しかし、授業が多い1、2年は始めたくても時間がない学生が多いようですね。

なので、ある程度授業が落ち着いてきた2年の後半から3年の時に始める学生が多いようです。

しかし、その中でも1、2年生から活躍している学生は多いですし、後半で始めた学生は、

「もっと早く長期インターンを始めればよかった」、

と後悔している学生も多いそうです。

さて、次に長期インターンの期間についてみていきましょう。

長期インターンとして働く平均期間って?

長期インターンに参加している学生はどれくらいの期間、どれほどの頻度ではT来ているのでしょうか?

まず、基本的に長期インターンの期間はとくに決まっておりません。そこはアルバイトと同じで、自分次第で辞めたりすることは可能です。

しかし、少ない出勤時間だと双方にとって意味がないので、出勤頻度としては、平日週3以上で16時間以上というような制限を設けています。

むしろこの長期インターンへの参加条件が週1とかだったら、その会社に行っても雑用、テレアポしかしない、記事しか書かないみたいな業務状態になる可能性が大きいです。

やはり、労働の対価として、お金よりもスキルアップ、経験を得たいのならそれ相応の勤務をした方が良いでしょう。

では、長期インターンに参加している学生はどれくらいの期間、平均的に働いているのでしょうか。

長期インターン平均期間

先ほど週3以上16時間というよくある企業からの勤務条件を書きましたが、学生もその勤務日数が平均的と言えるでしょう。

中には休学をして、週5で働く学生もいます。

では、働く期間はどれくらいなのでしょうか?

一概にズバリと平均期間を言うことはできませんが、3ヶ月、6ヶ月、1年以上、この3つが期間としては多いです。

そして、それぞれの期間によって得られるものだったり、メリットが違うので後ほど紹介しますね。

さて、期間と頻度に関してですが、日程的に厳しいという学生も多いのではないでしょうか?

授業だったり、サークル、部活だったりで忙しい学生も多いかと思います。

それでもインターンを経験してみたいという方は、短期インターンに参加するのも良いでしょう。

少し短期インターンについても触れてみたいと思います。

短期インターンの期間ってどれくらい?

短期インターンの期間としては、1日のものから、数週間、長くても2ヶ月ほどなので、忙しい学生でも参加は可能です。

日本では、サマーインターンシップのように、季節ごとに開催されますよね。

その中でも大きな短期インターンが多い、サマーインターンについてお話しします。

サマーインターンについて

サマーインターンは、大企業からベンチャーまで多くの企業が期間限定のインターンを開催します。

その目的は多々あり、優秀な学生を今のうちから確保したいと言う企業、自社を知ってもらいたい、自社を取り巻く業界について知れる機会にしたいといった企業で様々です。

また、夏季休暇中なので、学生も参加しやすいでしょう。

サマーインターンについては、気づいたら募集が終わっていたと言うものもあるので、気になるインターンシップについては4、5月からチェックしておきましょう。

例えば、マイクロソフトやワークスアプリケーション、リクルートは、選考に通って参加するだけで20〜30万ほどの報酬をえることができますし、本選考にも有利になります。

そして、早くてその年中には内定をもらうことも可能です。

一方で、夏休暇中は海外インターンに参加する良い機会にもなります。

長期休暇や、休学でもしないと参加できないので、気になる方は参加してはいかがでしょうか?

インターンシップ 期間 おすすめ

長期インターン 半年

次に長期インターンをするならおすすめな期間について見ていきます。

長期インターンをするならおすすめな期間

期間別に、経験できることやメリットについて見ていきたいと思います。

【3ヶ月〜半年】最低限のスキル獲得と業界について知れる

3ヶ月から半年の間、長期インターンに参加することで、得られることは、

  • 基本的なスキル(Excel, ビジネスマナーなど)
  • その業界の雰囲気や知識
  • 逆算する力
                             etc…

以上のようなものがあります。本格的なスキルや経験は、この期間で身につけることは厳しいでしょう。

しかし、その業界の雰囲気や知識を身につけることは可能ですし、その業界の人脈も得れます。

そして、もし気になる業界があるとしたら、長期インターンとして参画することで、高度な業界研究にも繋がるのではないでしょうか?

そこから新たな好奇心が生まれて、長期インターンを始める前とあとでは、全く違った興味関心を抱いているかもしれません。

時間が許すのであれば、業界研究という意味でも、長期インターンに参加してみることをおすすめします。

【半年〜1年】その業界で使えるスキルや知識を獲得

半年から1年間ほど長期インターンを経験していれば、ある程度のスキルと経験を得ることができます。

そして人によっては、リーダーを任されてチームを持つことになります。

ということは、そのチームマネジメントを任されるわけです。

それに際して、自分の達成すべき数字だけでなく、チームとしての数字を達成できるのかというところを気にしなければいけませんし、そのほかにも多くのことが求められます。

得られるスキル、必要なスキルは以下のようなものが挙げられます。

  • チームマネジメント力
  • 数字設計
  • リーダーシップ
  • 高度なコミュニケーション能力
    etc…

以上はヒューマンスキルですが、例えば営業だったら営業力がつきますし、webマーケティングだったら多様なスキルを得ることができます。

【おすすめ!】1年以上長期インターンに参加して、応用可能なスキルを獲得

さて、やはり私がおすすめしたいのは1年以上の長期インターンです。

ここまでくると、自分一人でもやろうと思えば事業を始めることだって可能です。

今皆さんがご覧になっているこのメディア自体、長期インターンで培ったノウハウをそのまま持ってきて応用しています。

私の周りの例で言うと、地方創生に興味のある友人がその領域で起業をしていますし、メディアを作ってバイアウトした友人もいます。

もちろん1年以下でも自分で事業を始めたりしている人もいますが、やはり1年以上長期インターンを経験してからの人が多いですね。

それはやはり、1年もいると、事業を推進していく方法とその変化を間近で目の当たりにするので、身を以て経験することができるからでしょう。

将来起業したい、自分で事業開発をしたいと言う方は、ぜひ長期インターンでその力を身につけてはいかがでしょうか?

  • 事業推進力
  • その業界の人脈
  • 業界や自分の業務ノウハウ(営業、企画、マーケティングなど)
  • 開発力(エンジニアやデザイナーの場合)
  • 巻き込み力(チームビルディング)
    etc…

まとめ

いかがでしたでしょうか?

長期インターンとして働ける期間は本人の自由ですが、「何を目的に長期インターンをするのか」を明確にすれば、自ずと期間も決まってくるでしょう。

そして、その長期インターンにかける歳月が長いほど、得られるものも大きいでしょう。

しかし、長期インターンをする場所に関しては、じっくり慎重に選びましょう。

この記事が皆様のお役に立てば幸いです。

The following two tabs change content below.

マサト

マサトです! ITフリーランスや、学生の新卒採用を支援する事業を展開しているITベンチャーでwebマーケ担当しています。 その傍ら、友達とサービス作りつつ、このブログも運営しています! ここでは、学生のキャリアや働き方、webマーケティング関連や自分の考えを発信していきます。 質問とか気になったことがあったら、以下のフォームで何でも聞いてください! https://goo.gl/oppWii
button