【これだけあれば平気!】長期インターンの面接で必要な持ち物とは?

Long-term intern

どうも、まっ太です!

さて、今回も長期インターンに関して役立つ情報をお届けします。
この記事で少しでも疑問や悩みを解決して、長期インターンを始める人が増えてくれればいいなと思っています!

さて、今回は長期インターンの面接の時に持って行くべき持ち物についてお話しします。

初めての長期インターンの面接で心配になってしまう人もいますよね。

そこで、これだけ用意しておけば大丈夫!というものを、まとめてそれぞれ解説したので、確認して見てください。

それでは、早速見ていきましょう!

長期インターンの面接で持っていくべきもの一覧

基本的に、採用担当とのやり取りの中で持って行くべきものを指定されるので、心配する必要はないです。

その中でも、持って来て欲しいと言われる頻度の高いものを紹介しようと思います!

持って行く頻度の高いもの

①応募書類(履歴書など)

②筆記用具

正直なところ、何も持っていかなくても済んでしまう面談がほとんどなので、必ず持っていかなければいけないものを探すことが難しいです。笑

しかし、上記2点は採用担当者から持って来て欲しいと言われることが多いので、余裕を持って準備して起きましょう!

①応募書類について

履歴書や、志望動機を書いたものに関しては、都度確認できる状態にしておきましょう。

ネット上で提出するものがほとんどだと思うので、その場合はスマホでいつでも見れる状態にしたり、紙にコピーしたりしましょう。

自分が書いたことに対して、採用担当も質問をしてくるので、書いてから時間が経っていたりすると、忘れてしまっていることが多いです。

そして、面接官との話があまり噛み合わない場合もあります。

②筆記用具

どうせ使わないだろうと、タカをくくらないようにしましょう。

当日何か書いたりする場合もあり、自分だけ恥ずかしい思いをすることもあるかもしれません。

指定はされないけど持って行った方が良いもの

次に、指定はされていないけれど持っていた方が良いものについて見ていきます!

①会社案内

②クリアファイル

③手帳

④ノート・メモ帳

①会社案内

こちらは、企業側から指定されることはないですが、何か会社情報のわかるものがあれば持って行くと便利です。

面接をするにあたって、会社のことを知らないと、「この子はうちにそこ前興味はないのだろうな」、と判断されてしまうかもしれません。

また、スマホでだいたいわかるかとは思うのですが、地図も載っていると思うので、場所の把握もできます。

②クリアファイル

何か、当日に資料や書類をもらうこともあると思うので、クシャクシャにならないようにクリアファイルを持って行くことをオススメします。

その書類が、次会うまでに提出するものだったら、綺麗に保ちたいですよね。

③スケジュール帳

その日に、面接のスケジュールを告げられる場合もあるので、スケジュールを記録できるようにしておきましょう。

④ノート・メモ帳

面接の途中にメモを取ることは可能ですし、複数の長期インターン選考を受けているのならば、後々企業を比較する際の材料としても役に立つでしょう。

さて、ここまでは長期インターンの面接時の持ち物に関してでした。

では、晴れて長期インターン選考に合格した後の、初出勤時は何を持っていけば良いのでしょうか?

長期インターン初出勤の時に必要な持ち物

長期インターンの初出勤時に必要な持ち物一覧

①学生証や免許証などの身分証明書
②印鑑
③手帳
④筆記用具
⑤ノート・メモ帳
⑥名刺入れ

①学生証や免許証などの身分証明書

初出勤時にまずやることは、契約書や書類の必要事項の記入や署名です。

その際に、学生証や免許証などの身分証明書が必要になる可能性があります。

②印鑑

印鑑に関しても、契約書や書類に同意した証明として必要になります。

以上2点に関しては、企業側も指定してくれることが多いですが、されない場合もあります。

指定されていない場合でも、念のため持って行くようにしましょう!

③手帳

勤務の予定などに関しては、googleカレンダーなどで管理することをオススメしていますが、手帳で慣れている場合は、持って行くようにしましょう!

日程を間違えたりして、すっぽかしてしまうと信用を失いかねないので、気をつけましょう!

④筆記用具

筆記用具に関しては、初出勤時だけでなく、常に持って行くことをオススメします。

PCに慣れて、書くことをほとんどしなくなる人も多いです。

しかし、タスク管理や何か考えている時に「書く」という行動は、頭を活性化させてくれるとも言われています。

なので、筆記用具は日頃から所有しておくようにしましょう。

⑤ノート・メモ帳

筆記用具の方でも述べましたが、タスク管理や、考える時に書いて具現化する必要があるので、そのためにノートは必要です。

また、その日できたこと、できなかったことを日々記録することが重要なので、反省をノートにまとめるのも良いでしょう。

僕の友人で、最年少で事業部長に上り詰めた人がいます。その友人は、毎日反省をノートに書くことで、できることを少しずつ増やしていきました。

結果、10冊以上の反省ノートができたみたいです。笑

⑥名刺入れ

これは、特に最初からあった方が良いというわけではありません。

ただ、お客さんと対面することが多く、名刺も用意されているなら、名刺入れも用意した方が便利でしょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、長期インターンの時に必要な持ち物についてお話ししました。

「忘れ物をする」という不注意は、癖になります。

常日頃から、事前に持って行くべきものを確認するようにしましょう!

この記事が参考になれば幸いです。

 

The following two tabs change content below.

マサト

マサトです! ITフリーランスや、学生の新卒採用を支援する事業を展開しているITベンチャーでwebマーケ担当しています。 その傍ら、友達とサービス作りつつ、このブログも運営しています! ここでは、学生のキャリアや働き方、webマーケティング関連や自分の考えを発信していきます。 質問とか気になったことがあったら、以下のフォームで何でも聞いてください! https://goo.gl/oppWii
button