未経験・第二新卒でも大丈夫!広告代理店に入社すると得られるスキルや将来って?

第二新卒Tips

 みなさまお勤めご苦労様です、マサトです。

普段はHR系の企業でWebディレクターと人事をしております。

ここでは、第二新卒の転職について実体験やインタビューを通してわかった、生々しいリアルをお伝えできればと思います。

さて、今ではInstagramやTiktok、Youtubeの浸透により、私たちはより当たり前のように「広告」というモノに日常から触れるようになりました。

そんな背景もあり、広告代理店のニーズは高まり、広告代理店で働きたいと考える方もまだ増えています。

そこで今回は、第二新卒として広告代理店に入りたいという方に向けて、業務内容はじめ、そもそも第二新卒で受け入れてもらえるのかという部分を見ていきたいと思います。

この記事は、こんな人にオススメです!

さっそく、見ていきましょう。

広告代理店の種類って?

ひとえに広告代理店といってもいくつか種類があるので、自分がどの領域に興味があるのか、仕事をしたいのか考えてみてください。

広告代理店は取り扱う広告枠の範囲によって区別され、大きく3つに分けることができます。

  • 総合広告代理店
  • 専門広告代理店
  • ハウスエージェンシー

・総合広告代理店

代表的な企業でいうと、電通や博報堂ですね。
特定のメディアに縛られずに、雑誌、テレビ、インターネットを駆使して広告を制作しています。

そのため広告媒体ごとに子会社化をしてしまい、専門広告代理店としても幅広く展開しています。

・専門広告代理店

専門広告代理店は、先ほども少し触れたように主に特定の媒体や業界に特化した広告代理店です。

なので、インターネット関連の広告制作をしたかったのに、受けてみたら看板広告を主に扱っている代理店だったなんてこともあるかもしれないので、よく調べておきましょう。

まあ、今時そんな間違いあまりなさそうだけれども。。!

ハウスエージェンシー

なんかカッコ良い名前ですが、特定のクライアントの広告を取り扱っている広告代理店をハウスエージェンシーと呼ぶらしいです。

僕も知りませんでした。。!

広告代理店に入社すると、どんなキャリアパスを望めるのか

広告代理店で働く場合に用意されている職種は、以下になると思います。

  • 広告営業職
  • 広告運用(Webマーケター)
  • クリエイティブ職
  • エンジニア職

おそらくこの記事を見ている人は、ビジネス職として第二新卒転職を考えている人が大半かと思いますので、技術職の方は割愛しますね。

全くの未経験でWebデザイナーやエンジニア職を募集しているところはそんなにないと思います。

未経験からの技術職を考えている方はまた別の記事でまた紹介しますね!

さて、まずは広告営業職に関してです。

広告営業職のキャリアパス

広告営業職は、アカウントプランナーとも呼ばれ、企業の広告の企画から提案、実施管理まで一気通貫してサポートする業務になります。

業務の中で広告の知識も身につくので、広告運用(主にWeb)も合わせてできる人も割と多い印象です。

アカウントプランナーとして業務に従事していれば、営業のスキルも広告運用のスキルも自分次第で身に付きます。

特に、Web広告の設計から施策の実行まで行える人はどこにいっても重宝されるので、キャリアパスとしてはそこを目指すことが望ましいでしょう。

また、そのスキルがあれば、今の世の中のニーズ的にフリーランスになることや、起業もしやすい状況と言えます。

広告運用職(Webマーケター)のキャリアパス

Web広告運用職のキャリアパスとしては、運用型広告のスペシャリストとして、フリーランス、CMOなど、選べる道は色々とあるでしょう。

ただし、Web広告に強い広告代理店に入社することが条件で、例えば看板などの媒体だとどんなキャリアパスを描けるのかは、ちょっと専門外でわからなかったです。。

一方で、Web周りの技術発展が著しいため、日々キャッチアップを行なっていかないと、いつの間にか需要の少ない人材となってしまうので、その点は注意です。

身につけられるスキル能力

広告代理店で身につけることにできるスキルを改めてまとめると以下になります。

  • 営業力
  • マーケティング力
  • クリエイティブ力

営業力

売るだけでなく、相手の課題やニーズを汲み取った上で課題解決に導けること

マーケティング力

どんな企画がターゲットに刺さり、どんな行動をしてもらってどんな成果を残したいのかを考えることが多くなるので、マーケティング力は身についていくでしょう。実際にWeb広告の運用となると、具体的に手を動かす部分まで理解することが可能です。

大きい意味でのマーケティング、Webマーケティング、どちらも理解と実行をできるようになると市場価値の高い人材になれるでしょう。

クリエイティブ力

普段、何気なく多くの広告を見ていると思います。

あれは、届けたい人にどんなイメージを持って欲しくて、どんなブランディングをしたいのかを考えた上で、例えばどんな人を起用して、どんな色、文言、フォントにするのかなど、細部にこだわって作成されています。

逆に自分が広告クリエイティブを考える側になった時、最初は慣れないかもしれませんが、自ずとクリエイティブの力は身についていくでしょう。

おすすめエージェント

就職Shop(リクルート運営)

オススメ度:5 out of 5 stars 5

公式サイト:https://www.ss-shop.jp/

運営求人サイト:

就職shopはリクルートが運営している、第二新卒に特化した転職エージェントです。

第二新卒転職でしたら就職Shopが安定した評判を獲得しており、リクルートが運営している他のサービスとの連携もあるので、求人が豊富でとてもオススメです!

大手企業で信頼の厚いリクルートが運営しているかつ、サービスの横のつながりが強いことから、案件が多く舞い込んできますので、まずはここから相談してみるのが無難かなと思います。

マイナビジョブ20’s

オススメ度:4.5 out of 5 stars 4.5

公式サイト:https://mynavi-job20s.jp/

「第二新卒の求人」だけを見たら、業界最大手。

私自身、採用担当としてマイナビさんから紹介される方の履歴書や職務経歴書を拝見しますが、とても質が高いです。

第二新卒の転職者側に聞いてみると、面談前から内定までのサポートが手厚いそうで、納得がいきました。

書類選考や面接のサポートを重視するのなら『マイナビジョブ20’s』が良いかもしれません。

ウズキャリ

オススメ度:4 out of 5 stars 4

公式サイト:https://daini2.co.jp/

知らない方も多いかと思いますが、第二新卒に特化している転職エージェントです。

まだ創設して間もないベンチャー企業なので、求人数が少なかったり、求人の規模が小さかったりとデメリットはあります。

しかし、勢いのあるベンチャー企業とのつながりが多く、広告代理店のベンチャー企業も多く案件としてあるとのことなので、ベンチャーを中心に見たい方はウズキャリが良いかなと思います。

まとめ

いかがでしたか?

第二新卒でも広告代理店は転職しやすいかつ、身につけられるスキルの汎用性もとても高いので、コスパよく自分の市場価値を高めることが可能でしょう。

「市場価値の高いスキルを身に付けたい!」、「何かしらのスキルを身に付けつつ、クライアントに貢献したい!」などと言った方にはとてもオススメです。

この記事が、少しでも皆さんのお役に立てば幸いです。

button