就活における学歴フィルターのリアル

Thought
こんにちは、まっ太です!

ここでは、主に学生に読んで欲しい情報を発信していきます。

多くの学生が、自分の人生の主導権を握れるように、少しでもお役に立てればと思っています。

さて今回は、就活における「学歴フィルター」って、実際あるの?というところを考えていきます。

 

就活を控えているみなさんの中には、耳が痛いお話になるかもしれません。

しかし、学歴だけに縛られて就活を進められていない人たちにこそ、

今回の記事を読んで欲しいと思っています。

就活における学歴フィルターの実情

結論から申し上げると、「学歴フィルター」は間違いなく存在します。

中には、学歴で採用をするのは古い、終わったと言う方もいらっしゃいますが、

正確には「終わりに向かっているが、まだその時じゃない」と私は考えています。

 

なぜ学歴を頼りに企業は新卒採用をするのかという問いに応えるために、いくつかに細分化して説明していきますね。

優秀な学生を取りたいという企業の心理

当たり前ですが、企業も優秀な学生を求めています。

それはもう、新卒は会社の今後を担う大切な卵ですから、どうせなら大きく育つ卵が欲しい。

そこで学生の優秀さを判断する上で手っ取り早いデータが、生憎なことに「学歴」なわけです。

 

大手になればなるほど、学生からの応募が後を絶ちません。

一番いいのは、一人一人の学生と向き合うこと。

しかし、人事の時間にも限りがあるので、全員と向き合うことは不可能。

 

その背景が要因で、「学歴フィルター」で、対応可能な人数にまで絞り込むと言うことが常套手段になったわけです。

 

ここまでは「学歴フィルター」が成される経緯です。

次に、学生は「学歴フィルター」を実際どのような時に感じるのか、見ていきましょう。

学歴フィルターの実例

学歴が高い学生の場合

まず参考にして頂きたいのはこのグラフです。

f:id:masato7413:20180119053237p:plain

このグラフを見るに、上位校の学生の方が学歴フィルターに気づいていることがわかります。

なぜこのような現象が起きるのか。

上位校の学生は優遇されてるなーと感じれるほどわかりやすい対応をされていると言うことです。

もっと具体的な例として、

  • 「大学の違う友達とその場で座談会の予約をしようとしたら、自分は空席があったが、友人の方はなかった」(早稲田大学 文系)
  • 「なんとなく参加した企業説明会にいた他の学生がみんな早慶、旧帝大だった」(慶應義塾大学 文系)
  • 「Webテストほぼ適当にやったけど通った」(東大 理系)

実際説明会に参加した当事者の学生も、参加して初めて周りに同じくらいの学歴の人しかいないことに気づくあたり、水面下で企業側が動いていることが伺えますよね。

 

では逆に、学歴がそんなに高くない学生が感じる「学歴フィルター」の実例ってどんなものがあるのでしょうか?

学歴が高くない学生の場合

「書類選考が通りにくい。同じところに明らかに手抜きなESを出した友達は通っていたのに。」(私の友人)

「説明会の予約が常に満席」(聖心女子大学 文系)

以上の2つの例からもわかるように、あからさまな対応をされる学生もいると言う事実があります。

 

さすがに、ここまで学歴フィルターでガチガチに学生の層を固めるという企業は多くないですが、「学歴フィルター」自体が存在していることは間違い無いでしょう。

 

この事実が存在することを裏付けるデータがまだあります。

HR総研が企業側に行った調査によると、学歴フィルター(企業側では「ターゲット大学」と表記)をかけている企業は、全体の39%。

もう少し内訳を見てみると、39%の企業がターゲットとしている大学は「早慶」、旧帝大クラスであったらしいですが、「ターゲットとする大学グループ」では、GMARCHが多かったようですね。

GMARCHだと、学生の質もある程度担保できているという点が利点とのことでした。

参考:みん就(みんなの就職活動日記) – 就活・新卒採用のクチコミサイト 

次に簡単にですが、「就活は確率論」と言われる仕組みについて触れていきますね。

上記で説明した、「学歴フィルター」にも少し関わる話なので!

就活は確率論と言われてしまう仕組み

就活は確率論であると言われてしまう理由は、「学歴フィルター」を考慮すれば理解できますよね。

でも、その流れを断ち切ることはできないのでしょうか?

例えば、

「GMARCH以下の大学だけど、同じ大学の先輩がある大企業で活躍してくれたおかげで、その企業の選考が通りやすくなった!」

みたいな。

でも、これができたら疾っくの昔に実現しています。

これは、「学歴フィルター」からくる、無限ループが原因です。

就活では高学歴が勝つ社会構造

例えば、ある有名な大企業Aで新卒採用した学生の人数と学歴が以下だとします。

(あくまでモデルなのでご理解を!)

A大 100人
B大 80人
C大 50人
D大 30人 

大企業であればあるほど高学歴順に人数が多くなっている状態です。

高学歴が就活で勝つのは、母数の問題。

①単に昔から大学が有名で、その大学の生徒を多く取っていた

②○大は優秀な子が多いというイメージを企業が、世間が持つ

③○大の子の採用を多めにしよう

そして、○大の子が優秀なのも要因としてあるとは思いますが、母数が多い分活躍する可能性のある人数の母数が違うんです。

それはもう○大の子たちが活躍する可能性の方が高いですよね。

普通に考えれば当たり前ですが、人気な大企業ほどこの傾向にあるというのが紛れもない事実です。

また、上位大学の方が自頭が良いという単純な理由もあります。

まとめ

さて、ここまで日本の社会における、学歴フィルターについて見ていきました。

しかし、この学歴フィルターも通じない時代になってくるのではないかと私は予想しています。

IT技術の発展で様々な事が変化しているように、就活のあり方も変容してきています。

そのことについてはまた別の機械に書こうと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

button