【2019年に向けて】本当におすすめできる3つのプログラミングスクールを紹介

programming

どうも、木島です。

とある人材系ITベンチャーでwebマーケティング全般、個人的にはプログラミング(python)もやってます。

さて、ITが身近になった影響もあり、プログラミングを学びたい、知っておきたいという方が増えていますよね。

実際に、2018年を振り返っても、ブームの一つだったのではないでしょうか。

また、IT業界へ転職するため、あるいは起業・独立のため確かなITスキルを習得しておきたい、という方も近年は少なくありません。

こうしたニーズに応えるため、いくつものプログラミングスクールが登場しています。

結果、プログラミングスクールがいくつも登場し、どこのスクールが自分に合っているのが悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、オススメなプログラミングスクールについて整理していきたいと思います。

プログラミングスクールにも種類がある!

プログラミングスクールは独学で学ぶよりお金がかかる点ではデメリットですが、正しい知識を効率よく学べ、独学の場合に比べてモチベーションを維持しやすいです。

そのため、初学者や高度なスキルを身に付けたい方には積極的に活用していただきたいと考えています。

さて、プログラミングスクールと一言で言っても、いろいろなものがあります。

例えばスクールの実施形態も様々。まとめると、大まかに2つのスクールタイプがあるのです。

  • 対面形式
    Webコンテンツとしてテキストが提供され、不明点の質問や課題を直接講師に質問することができます。
  • 完全オンライン形式
    Skypeのようなテレビ電話機能のあるソフトで講師と会話や質問をしながら、ITスキルを習得する、遠隔個別指導とでもいうべき存在。

対面形式のスクールとオンラインスクール、どちらが優れているかがよく話題になりますが、結論からいえば一長一短があり、どちらが良いのかはその人次第ですね。

ただ、集中力が続かない、仲間が欲しいという方は、対面形式のスクールの方がオススメです。

それぞれのメリット・デメリットをまとめてみました。

それぞれのスクールのメリット・デメリット

対面形式スクールのメリット
  • 講師とのコミュニケーションの取りやすい
  • 不明点をすぐ解消できる
  • 友人ができる
対面形式スクールのデメリット
  • 場所的制約がある(通える範囲にスクールがなければ、そもそも始まりません。。笑)
  • 時間的制約がある
    →教室の開室時間も含めてですが、webテキストを閲覧できる期間も決まっているところもあります

一方で、オンラインスクールのメリット・デメリットは対面形式スクールのメリット・デメリットの裏返しです。

オンラインスクールのメリット
  • 場所的な制約がない(回線速度などインターネット環境の確認は必要です)。
  • 時間的制約がない
    →場所にもよりますが、受講すれば永遠にテキストを見ることができるスクールもあります
対面形式スクールのデメリット
  • 講師とのコミュニケーションのレベル感が対面形式より落ちる
  • 周りと自身の習得度を比較しにくい
  • 基本的に一人の戦い

プログラミングスクールでなにが学べるのかも、スクールごとにカリキュラムが異なるため、意外と差があります

なので、プログラミングスクールを選ぶ際は、評判について見る前に、そもそもなにを習得するために通うのか、その目的に合ったカリキュラムがあるのかをよく確認しなくてはなりません。

プログラミングスクールのカリキュラムは3つに分けられる

ちなみに、多くのプログラミングスクールのカリキュラムは、大きく分けて、3種類に分類できます。

プログラミングスクールのカリキュラムの種類

①教養としてプログラミング言語の習得やWebデザイン(htmlやCSS)の基礎を理解したい初学者向けカリキュラム

②初学者をITスキルで生計を立てるプロエンジニアにする“研修”的なカリキュラム

③人工知能開発の手法であったり、フレームワークやデザインパターンなど、ある程度、ITスキルがある方のキャリアアップを前提にしたカリキュラム

プログラミングスクールおすすめランキングと評判

プログラミングスクールの概要が見えてきたところで、オススメのスクールを3つ紹介したいと思います。

  • Skill Hacks:プログラミング学習で挫折が怖い人。確実に学んでいきたい人向け
  • TechAcademy:オンラインで完結させたい人
  • TECH::CAMP:プログラミング教室で、仲間も作りつつ、メンターに対面で教えてもらいたい人

①「Skill Hacks」

こちらは、知る人のみぞ知るオンラインプログラミングスクールです。

迫 佑樹さん(@yuki_99_s)という方が個人で運営しているプログラミング講座になります。

この迫さんですが、プログラミングを3500人以上に教えてきた方で、Udemyのベストセラー動画の著者であり、プログラミング関連の書籍も執筆した経験があります。

迫さんは、挫折させないプログラミングをモットーにしていて、「Skill Hacks」では絶対に挫折させない仕組みが整っているのが特徴です。

実際に「LINE@による無制限質問サポート」がついていて、直接迫さんに質問できる体制ができています。

そして、その模様がTwitterでも公開されています。

この前驚いたのは、夜中の1:00なのに受講者の質問に電話で答えていて、それを迫さん自身ではなく、ユーザーの方がtwitterで公開していたこと。

真摯に運営されているのだなと感銘を受けましたし、そりゃ挫折する人も少ないだろうなと。

内容としても、94本の充実した動画があり、他のプログラミングスクールよりも安くて手頃です。

以下に、サンプル動画を用意したのでご覧になってみてください!

②「TechAcademy」

「TechAcademy」はオンライン完結のスクールになります。

日本e-Learning大賞にて、プログラミング教育特別部門賞を取得したことがあり、ある意味では今回紹介する3つのスクールの中で、もっとも格の高いスクールでしょう。

どちらかといえば、プログラミング初心者をターゲットにしたスクールで、特徴は社会のニーズを意識した堅実で実践的なカリキュラムの展開です。

例えば、「androidアプリコース」は、単にプログラミング言語を学ぶだけにとどまらず、androidストアにアプリをリリースするところまで行います。

TechAcademy」では現役ITエンジニアがパーソナルメンターとして、技術的な質問に答えるなど受講生のサポートがオンラインながらあるのはメリットでしょう。

しかし、「エンジニアとしては一流だけど、指導者としてイマイチ」な人もいる点は要注意です。

③「TECH::CAMP」

オンラインスクールだけでなく、大都市圏でリアルスクールも展開しているのが「TECH::CAMP」です。

「TECH::CAMP」の売りはリアルとオンラインの良いとこ取りができる点です。

普段はオンライン、不明点があったときだけリアルスクールに出向いて、納得いくまで質問するということが可能なのです。

カリキュラムのクオリティも、高知県と業務委託契約を結び、「アプリ開発人材育成講座<エキスパートコース>」を提供しているところからも、非常に高品質であることが伺い知れます。

カリキュラムの種類も豊富で、Unityコース、Aiコース、iOSコース、webアプリケーションコースなど様々です。

エンジニアとして本気で食べていきたいもしくは、エンジニアにキャリアチェンジしたい人は、エキスパートコース

プログラミングを学んで、実際に自分の業務に活かしたいレベルでしたら、エンジニアコースで申し分ないでしょう。

また、転職キャッシュバックで実質0円でプログラミング講座を受講できるので、転職を考えている方には、なおオススメです。

プログラミングスクールは高いのか?

「プログラミングスクールは高い!」という声を良く聞きます。

しかし、結論安いくらいです。

なぜなら、プログラミングスキルを身につければ、講座代くらいすぐに回収できてしまうから。

これは、学生も社会人も関係ありません。

今ではクラウドソーシングもあるので、簡単に案件も見つかります。

以下を参考にイメージしてみてください。

  • クラウドソーシング経由のweb制作費:10万〜
  • 中小企業のweb制作費:30万〜
  • 大企業のweb制作費:250万〜

最初のうちはクラウドソーシングでいくつか案件をこなすだけでも、月30万はすぐに手にできるでしょう。

というように、一旦プログラミングスキルを身につけてしまえば、簡単にスクール代金を回収することが可能です。

プログラミングスクールは無料体験をしてから決めよう

インターネットや周りの人たちからリサーチして、プログラミングスクールに通い始めたものの、思っていたのと違っていた、という思いをした方は結構いらっしゃるのではないかなと思います。

料金が高いため気軽には止められず、とりあえず最後まで出た、というのではあまりに不幸です。

しかし、カリキュラムの更新や講師の入れ替えなどで、過去の口コミと現在の状況が変わっている可能性は十分にあります。

そこで、現在の状況を知るために重要になるのが無料体験への参加です。

今回、紹介させていただいたスクールは全て無料体験があります。

プログラミングスクールで後悔したくない方は一度、無料体験を試してみましょう!

紹介したスクールリスト

  • Skill Hacks:迫さんの親身なサポートがついていて、格安。(今後高くなる可能性も。)
  • TechAcademy:1コース受講すれば、もう1コースプレゼント企画。1週間無料体験が可能
  • TECH::CAMP:就職サポート付きで実質0円で受講可能。メンターにもすぐその場で質問できるプログラミングスクール

まとめ

今回はプログラミングスクールについて見ていきました。

プログラミングスクールに行けば、独学より効率よく知識を吸収できるというだけであって、実のところ、プログラミングスクールに行かなくてもITエンジニアになれます。

少なくともビル・ゲイツがプログラミングスクールに通ってプログラミングを習得した、という話は聞いたことがありませんよね。

本当に重要なのは、プログラミングスクールに入っているということではなく、プログラミングスクールでなにを身に付けようとしているかです。

目的をしっかり決めて参加しないと、いくらお金と時間をかけても、得るものはありませんので注意しましょう。

The following two tabs change content below.

マサト

マサト(@x_kizzzy_x)です! ITフリーランスや学生の新卒採用を支援する事業を展開している人材系ITベンチャーでwebマーケと採用を担当しています。 タイが大好きです! ここでは、学生のキャリアや働き方、webマーケティング関連や自分の考えを発信していきます。 質問とか気になったことがあったら、以下のフォームで何でも聞いてください! https://goo.gl/oppWii
button